コロッケ芸人の店は大繁盛+キリギスの大学名誉教授に!年収は?

名誉教授コロッケ

写真:キリギス名誉教授にコロッケさん。

うれしいです。なぜうれしいのか、これは、日本人が外国の人に誉められ認められた、という、うれしさです。自分のことのようにおもえてしまう、日本人、笑

モノまねタレント、芸人コロッケさん(61)がキリギス共和国の国立大学の名誉教授に任命されました・・ね。アラバエフ・キルギス大学内に無料で日本語を学べる「コロッケ日本語教室」を開校したことを受け、名誉教授に任命されたのです。

キルギス共和国は地形の険しい中央アジアの国です。首都はビシケク。面積は日本の約半分の19万8500平方キロ・メートル、人口は650万人。名産品はクルミとハチミツ。キルギス語が国語でロシア語が公用語。

キリギス

(首都 ピシケク)

芸人コロッケがキリギスの国立大学名誉教授に就任

Yahooニュース(スポーツ報知)がこう伝えてくました。

コロッケ「日本で私が絶対もらえない称号」キルギス国立大の名誉教授に任命

タレントのコロッケ(61)が28日、都内の在日本キルギス共和国大使館で、両国の文化交流の功績をたたえた感謝状授与式に出席し、アラバエフ・キルギス国立大の名誉教授に任命された。

コロッケと同じ所属事務所の演歌歌手・三田りょうが同国の独立記念コンサートに出演していることをきっかけに、4年前からコロッケも「何か人のためになれば」と活動を考案。昨年12月、同大学内に無料で日本語を学べる「コロッケ日本語教室」を開校したことを受け、名誉教授に任命された。同日本語教室には12~18歳の生徒40人が在籍している。

名誉教授となったコロッケは「日本では、私が絶対にもらえない称号。重圧は感じる」と恐縮しつつも、やる気満々。コロナ禍の影響で来訪はまだかなっていないが、「私と言えばモノマネ。ニワトリや犬など動物のモノマネをきっかけに日本語を教えたい。そこで第2、第3のコロッケを育成できたら最高です」とお家芸である歌手・岩崎宏美の顔芸をしながら、意気込みを語った。

自身がプロデュースする店「コロッケのころっ家」で、キルギスの名産品を使った商品も構想しているようで、「ハチミツとクルミオイルが有名ですので、そのオイルで揚げたコロッケに、ハチミツをかけて食べるのもいいかも」と明かしていた。

(スポーツ報知)

「日本では絶対もらえない」(コロッケさん)ことはない、とおもいます。あ~この手があったか、と膝をたたいた日本の大学、学校もあったはずです。すてきな広報になりますからね。二番煎じ三番煎じでは効果もうすいかもしれませんが。

でも「コロッケ日本語教室」というネーミングのセンスが上手です。モノまねタレントの枠を超えています、経営者のセンスですよ。そういえば、

この2月にオープンしたコロッケショプ「コロッケのころっ家」(東京・新小岩)も順調どころか大当たりですね。オープン2日目では、なんと入店制限がかかり 6時間待ち だったそうですね。https://rocketnews24.com/2021/02/17/1462073/ (ロケットニュース)。売上が一店で一ヶ月1500万円!今後はフランチャイズ運営も視野にれているようです。

飲食店や惣菜屋の単店舗売上はふつうで多くて150万円(粗利50%)ですから

1500万がいかにすごいか!

コロッケ プロフィール 職業欄に【経営者】が抜けている!

コロッケさんプロフィール・・・

本名 瀧川 広志
(たきがわ ひろし)
別名義 滝川 広志
生年月日 1960年3月13日(61歳)
出身地 熊本県熊本市南区
血液型 B型
身長 170 cm
最終学歴 熊本第一工業高等学校
(現・開新高等学校)卒業
出身 『お笑いスター誕生!!』
芸風 ものまね
事務所 ファインステージ
活動時期 1980年8月 –
同期 とんねるず(石橋貴明・木梨憲武)
小柳トム
近藤伸明
現在の代表番組 『ものまねグランプリ』
過去の代表番組 『ものまね王座決定戦』
『ものまねバトル』

他の活動 俳優、YouTuber

親族 MADOKA(長女)
琴滝川(次男)
滝川光(次女)
加藤晴彦(遠戚)
ケロッケ(姉)
弟子 三又又三
木原恵一
まっちゃま(付き人)

受賞歴
2014年文化庁長官表彰を受賞
2016年日本芸能大賞
2012年防衛省防衛大臣特別感謝状

↑ Wikipediaなど参照です。職業や、他の活動欄に「経営者」はありません。

もしかして芸能活動以外は第三者におまかせとおもわれそうですが、そうではありません。

たとえば、これ。

滝川パン

滝川・・本名の別名、コロッケさんのことです。

株式会社ユナイテッドファイン(東京都港区南青山2-22-19三和青山ビル7階)。

滝川パン取締役

滝川広志(たきがわひろし)・・コロッケさんです、役員 取締役です。芸人コロッケさんの所属事務所ファインステージはコロッケさんありきで成り立っている会社です。

コロッケ年収は推定2000万の役員報酬

キリギスの国立大学名誉教授はほぼボランティアです。

ちなみにコロッケさんは芸人ですが経営者です。年収は給料支払で、サラリーマンの課長、部長クラス以上・・・と、本人が答えていました。大企業(従業員1000人以上)の部長で1200万円ほどですから、コロッケさんは取締、役員報酬ですのでそれより多い。

推定で約2000万円です。

一般の芸能事務所のような歩合制だともっと巨額になりますが、経営サイド、経営者という実業の人間という目には見えない将来性を選んでいるのだとおもわれます。

まとめ

旧ソ連だったキリギスが独立したのは1991年8月31日です。ロシア、中国という大国と隣接しながら「民主主義の島」と謳われたりもしましたが、2020年には汚職絡みの大政変があったりしました。しかし、親日的対応は一貫しています。

コロッケさんのキリギス国立大学での「コロッケ日本語教室」設立にともなう名誉教授就任は現地でも話題になっているようです。たのしそうな授業になりそうです。個人的にぼくが受けたくなってきました笑が・・アハ、モノまねができないと落第?笑。

日本とキリギスは地政学的に中国という巨大な壁があります。「コロッケ日本語教室」が日本とキリギス共和国との大きな虹の架け橋になるといいですね。

あ、そうだ、新小岩の「コロッケのころっ家」に行きたいです!

コロッケさん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする