岸優太(キンプリ)のかわいい妹【年齢】エピソードを【画像】で紹介!

キンプリ(King&Prince)の岸優太さん(25)の”妹愛”のほほえましいエピソードがじつに楽しいですね。二段ベッドで魚釣ごっこ、お風呂で海上保安官ごっこ、妹においしチャーハン手作り・・・。

あああ~妹になりた~い!という嬌声(きょうせい)も湧きあがるほどです。

岸優太さんは2020年8月22日23日の日本テレビ『24時間テレビ43』で井ノ原快彦さん、増田貴久さん、北山宏光さん、重岡大毅さんと共に最年少のメインパーソナリティに抜擢されました。

キンプリ岸、今の心境は「先輩〇〇〇〇お願いします!」【24時間テレビ43 メインパーソナリティーインタビュー 〜岸優太 (King & Prince) 〜】

歌ってパーフォーマンスして、タレント、ドラマ俳優にパーソナリティ・・・ますます忙しくなる岸優太さんです。もしかしたら妹さんと「ごっこ遊び」している時間も少なくなってしまうかもしれませんので・・・これまでの”妹愛”の数々をまとめてメモリアルしてみました。

岸優太の”妹愛”エピソードの根っこは父子家庭という家族構成です。

岸優太さんの家族構成についてはあまり多くは語られてはいません。

岸優太さん自身は『ザ少年倶楽部』(NHKの音楽バラエティ番組)の「月間 気になる」というコーナーで、家族構成は「父・兄・妹の4人家族」と話されています。

お兄さんは2才年上で、妹は3才年下です。家族構成に母親が入っていない。父子家庭です。母は父と離婚し、別の場所で暮らしておられるようです。

感謝を母に言うとしたら、星空に向けてかな! 空はどこにいても母親とつながってるからね、なーんて。 ;涙腺;

うれしい言葉ですね。ほっこりしますね。

岸優太さんが妹をかわいがる理由・・・わかってきましたか? そうです。自分が母にしてほしかったことを妹にしてあげているのです。彼には母の記憶はあるはず。それを妹に伝える・・・母、代わりです。

岸優太の妹エピソード「手作りチャーハン」は母の味かもしれません。

小学生のころ、三歳年下の妹に作ってあげていたチャーハン。

食べものの味は遠い記憶を呼び戻します。

もしかしたら、岸優太さんの得意料理、「手作りチャーハン」は、遠い記憶にある母の味かもしれませんね。代々伝わる食べものの味はそんなふうに伝えられてゆきます。兄、岸優太さんに作ってもらった味は、妹さんが先々に新たな家庭をもったときにまた伝えられます。

岸優太さんの「手作りチャーハン」教室!?

https://twitter.com/1997JIN1030/status/1043357288847699968

おおお、お、思ったより本格的な手作りですね。

・心をこめて

・喜ぶ顔をおもいながら

作るそうです。

小学生時代のチャーハンから始まった手料理は、いまや「野菜の塩昆布炒め」にまでジャンルが広がっています。

これは、もう、お見事というしかありません。

あああ~妹になりた~い!!

小学生の妹が兄、中2の岸優太にバック転のお手伝いエピソードも。

岸優太さんがジャニーズ事務所に入ったのは2009年、14歳でした。空転やバック転は、できません状態からのスタートです。懸命に練習する兄をかわいい妹が応援します。励むようすを小学生の妹がビデオに撮ってくれたこともあったそうです。

今の岸優太さんのパーフォーマンスからは想像もできません。が、頭や顔から落ちるなどの痛い目を経験しています。

きょうだい、いいですね。

きょうだいのいいところは、お互いにお互いのドジやヘマぶりを知っていることですね。それを乗り越えて希望に近づいてゆくプロセスをお互いに経験できるのです。

岸優太きょうだい、素敵です。この妹ありてこの兄ありかも。

幼い頃の”ごっこ遊び”・二段ベッドで魚釣り・お風呂で海上保安官救助。

お風呂での”ごっこ”は、風呂に入っている妹に溺れたふりをしてもらい、兄が海上保安官になりシュノーケルをつけての”救助ごっこ”です。

バスルーム中にお湯が飛び散りなにもかもびしょ濡れの大騒ぎ・・・楽しかったでしょうね。

たすけて—^^)、岸くん。^^)

二段ベッドで”魚釣りごっこ”は、上の段の兄が糸を垂らし、下の段の妹がお魚になって・・・笑えてきますよね、というか呆れるというか、どうぞどうぞ、お好きなように。これ、妹さんが中学生になってもやっていたそうですよ。

きょうだい仲良しでも大ケンカも、妹は兄に兄は妹に、嫉妬?

仲良しでもケンカはします。

きょうだいだけに遠慮のない言葉が飛び交ったりもします。

https://twitter.com/T_SENDAIEKIMAE/status/1178181425800966144

家で口ケンカで言い合いになったとき、兄の岸優太さんが、

初主演となったドラマ「お兄ちゃん、ガチャ」で共演した子役の鈴木梨央さんを引き合いに出して、「梨央ちゃんはもっとしっかりしている」と言った!

あ、あ、そりゃあ、妹さん、切れますよね。共演者の女の子を引き合いに出されては嫉妬心も出ます。

あ、逆のケースのケンカもあります。

妹さんは・Hey! Say! JUMP・山田涼介の大ファンです。その山田涼介を引き合いに、兄に向かって、

「お前なんか興味ねえ!」

と言い放ったのです。

それは、いくらなんでも・・・とも思いますが、兄がその場で言い返した!

「俺はキンプリだぞ」

笑えますよね。

まとめ

三歳年下のかわいい妹さんと兄・岸優太さんの ほのぼの エピソードをお伝えしました。

・岸優太の”妹愛”エピソードの根っこは父子家庭という家族構成です。
・岸優太の妹エピソード「手作りチャーハン」は母の味かもしれません。
・小学生の妹が兄、中2の岸優太にバック転のお手伝いエピソードも。
・幼い頃の”ごっこ遊び”・二段ベッドで魚釣り・お風呂で海上保安官救助。
・きょうだい仲良しでも大ケンカも、妹は兄に兄は妹に、嫉妬

今回、登場しなかった父、兄、そして今は一緒ではない母もふくめてとてもいい雰囲気の一家ですね。

25歳、岸優太さんの先々がすごく楽しみです。応援したいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする