西武佐藤龍世(首都高149㌔爆走で有罪判決)が乗っていた車は何?

写真:西武・佐藤龍世。

首都高爆走佐藤龍世被告に「懲役3月執行猶予2年」

え~!? スピード違反で裁判にかけらるの!? というびっくりが先にきてしまいました。現場で取締警察官とケンカしたり、罰金を払わなかったりでもない、人身事故でもない、物損事故でもないのです。

そうか、スピード違反だけで、そういうことも、あるのか、注意しようという気持ちにはなりました。

「見せしめ」効果か、とも思いました。

スピード違反、何回もしましたが、罰金刑ばかりです。外車「B」で東名高速を200キロで静かに走ったこともあります。爆走、などとは感じません。静走です。スピードが増すほどに車体は路面に張りつくように安定してきます。走れる車はそうなっています。ハイウエイではポルシェが一番疲れないと言われています。

あ、話元へ。現在は自転車しか乗らない私です。笑

被告、あ、元へ、警察官でも検察官でも裁判官でもないので、被告という呼称は使いません。西武のルーキー、佐藤龍世さん(23)と呼ばしていただきます。

スピード違反の佐藤龍世が乗っていた車は何?

報道によりますと、佐藤龍世さんは2020年4月12日、首都高速中央環状線・山手トンネル内を法定速度(時速60キロ)89キロ超の149キロで走行し、道路交通法違反の罪に問われていた、とあります。ちなみにここを法定速度内で走っている車はないに等しいです。法令遵守ならすべての車の運転者を検挙しないと不公平ですが、ま、それはともかく。

じゃあ、佐藤龍世さんがそのとき乗っていた車は何だったのでしょう。

車はすでに売却したそうで使用車の画像は入手できませんでしたが、車種は、

はい、これ。

トヨタ・レクサス。

トヨタ・レクサスCM ↓

↑ この人は佐藤龍世さんではない。俳優の高橋克典さんです。

トヨタ・レクサスRC Fは新車価格1,042万円 ~ 1,432万円。中古で4~500万円。レクサスはベンツを超えたいがベンツには積み上げてきたイメージがあって超えられないと言われています。性能的には遜色(そんしょく)ないレベルだそうです。スピードメーターも欧州車なみに200~220kmhと上がってきています。

ヤフコメ民(Yahooニュースに投稿するのが好きな一般民衆)だと車メーカーの責任追及も、するかも、ですが。

ちなみに、ヤフコメ民の中にもリアルを伝える極極(ごく。わずかな)少数民もいます。

@でも俺もよく通るけど、60制限守っているやつ見たことないぜ?
どこでも雨でも100前後が普通。たまに120~
@西武も厳しいね。誰でも150キロぐらい出すことあるだろ?たまたま捕まっただけで、ユニホーム着れないのは可哀想。早く、許してユニホーム着させて上げて
@149キロってたいしたことないけど。
時代だねぇ。大体制限速度が60キロっていうのが
おかしいわ。
@ヤフコメ民ってこういうニュースに食いつくの好きだよなー。そして当たり前の事をドヤドヤコメント。余程品行方正な方が多いんだろうねww
@正直制限速度60km/hがクソだと思いますが。流れは80km/hくらいですし。149km/h、周りの状況は不明ですが、どうなんでしょう?
@よく通るけど、普通に右側は90キロで流れてる。90キロなら摘発されないから。それ以外の区間は夜間なら100キロオーバーはザラ。
実勢に合ってない求刑だと思う。
@正直 スピード違反なんて 覆面や白バイ グレーゾーンでやってますよ。覆面なんて中央道で事故ってますけどね けど警察辞める 運転辞めるなんて言ってませんし、

というわけで・・・ですが決してスピード違反をすすめているのではございませんので。しかししかし、小さく小さく縮こまり固まって文句たらたらばかりでは伸びるものも伸びません。

佐藤龍世さん、あなたは野球という才能をもっている期待のルーキーです。その才能を伸び伸び伸ばしてください。

西武ルーキー佐藤龍世の腕時計は超高級品?

ウワサです。佐藤龍世さんの愛用する勝負腕時計は「ウブロ」HUBLTだそうです。↓ウブロHUBLOT・銀座ブティック。

これだと、348万7600円

こっちだと、298万円。

いいですね~。腕に何つけようと自由です。

ちなみに、高級腕時計人気ランキング、http://mensbrand.rash.jp/luxury-watch/

■1位:ロレックス :70万円~100万円

■2位:オメガ  :30万円~80万円

■3位:タグ・ホイヤー :50万円~70万円

■4位:グランドセイコー :40万円~80万円

■5位:ブライトリング :70万円~100万円

■6位:IWC  80万円~130万円

■7位:パテック・フィリップ :300万円~500万円

■8位:ジャガー・ルクルト 80万円~120万円

■9位:ウブロ  200万円~300万円

世界的スプリンターのウサイン・ボルトや、サッカー界の生ける伝説ディエゴ・マラドーといった超一流アスリートたちが愛用。ウブロの製品は”成功者の証し”となり、現在の芸能人・プロ選手愛用に繋がっている。・・・のだそうです。

■10位:ゼニス :70万円~90万円


まとめ

今回の記事の趣旨をひと言で述べます。

佐藤龍世さん、野球ですばらしい打者をめざしてガンバってください!

2018年のドラフト会議で埼玉西武ライオンズから7位で指名。契約金2000万円、年俸600万円で入団。

2019年、チームの新人で唯一、開幕時点での一軍登録。8月10日の対千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初本塁打を放ち、年間52試合に出場。

2020年は開幕二軍となったものの、二軍では4番に座り、7月は月間打率.333、4本塁打と調子を上げていた。(Wikipedia参照)

グランドで、

満面の笑顔をみせる佐藤龍世さんを

待っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする