「アドセンス審査 早々合格」・・マジ超初心者の私が準備した秘策!?

まだうれしいのかと問われますと、はい、そーなんです。アドセンス審査合格

バンザイ三唱、阿波おどりのマネまでしてうれしかった「わ♪ 一発合格♪ グーグル審査♪」記事の補足、続編です。

おいおい、まだうれしがっているのかと問われますと、はい、そーなんです。

合格、などいうのは、関西方面某私大入学試験以来です。就職は卒論担当の教授推薦で某スポーツ新聞社編集部へ、テストなしでもぐりこませていただきましたから。(それなのに半年で”旅に出たい“と辞職—恩知らず、恥知らず—ずっとふらふら浮浪雲・はぐれぐも・で生きてきました)。”合格おめでとう“・・・このことば懐かしいのです。うれしいんです。10代後半からの青々しい春がよみがえります。

そは(其は)さておき、

Webをあれこれ散見しますと、合格者が「審査申請」までに準備したこと、やらねばならないことなどなどが詳しく説明されています。見習ってわたくし、ぼく流の方法手順をここで披露しておきたいと思うに至りました。

一日未満、半日で「合格、おめでとう!」をもらったハウツウです。ジャン!!

  • 1) エックスサーバーを契約した
  • 2) エックスサーバーで「ドメイン」を取得した
  • 3) ドメインをエックスサーバーで使えるような設定した
  • 4) WordPressブログをインストールした
  • 5) サイトにSSLを導入(httpsサイト)した
  • 6) WordPressテーマ(テンプレート)をインストールした
  • 7) プラグインのインストールをした
  • 8) WordPressテーマの子テーマを入れた
  • 9) パーマリンクの設定をした
  • 10) Google Analyticsのを導入を準備した
  • 11) Google Search Console(サーチコンソール)を導入した

ほ~、振り返ると結構色々やっていたんですね。われながら感心です。これらの一連の作業を慣れると10分くらいで終えるそうです。初めてでも1時間くらいだ、そうです。が、ぼくは、なんと~、720時間~、つまり一ヶ月まるまるかかってしまいました。

ひとの何倍もかけて・・・どころではないです。720倍!

一つ一つの言葉がわからないのです。サーバー何? ドメインって? ・・???だらけで前に進めないのです。あ~、ぼくには不可能だ、止めようと立ち止まる。そして翌日になると何気に復習すると、とたんに解ったりするのです。

どうしてもわからないと、もう止めたと投げ出す。
でも、数日すると、またまたやってみたくなる。・・・これのくり返しでした。諦めなかったら、不思議とわかったりもします。

たとえば、異国に放りこまれて、シェンキュウの意味がわからなくて、数日たって、ありがとう、のことかとわかる。わからないことは検索する。それでもわからない時は同じ言葉でまた検索する。そのうち何となく相性のよさげなページに出くわすとラッキーとうれしくなる。どうしてもわからない、理解不可能なことを帳面に筆記しておく・・・すると数日後にわけもなく解ったり、できたりすることもありました。

鈍(どん)は鈍なりのオレ流かな? アドセンス審査

上記の手順、それぞれに幾回も何回もググりました。

鈍(どん)は鈍なりのオレ流かな? ま、できる方なら笑止千万でしょうね。でも、さすがに、720時間、一ヶ月は長すぎるのかなとは思います。

ブログの形はできても、さあ記事だ記事だ・・・これがまた大変でした。

やっとこさ一つ記事を入れて気づきます。

まだまだ、やっておかなければならないことがあったのです。

  • 12) 固定ページの作成
  • 13) プロフィールの作成
  • 14) お問い合わせの作成
  • 15) サイトマップの作成
  • 16) プライバシーポリシーの作成

よく頑張りましたね・・・と誰も言ってくれないので自分で自分を褒めてあげたいとつくづく実感します。こんなに大変とは思いませんでした。我が身の至らなさも痛感いたしました。

しかし、このWeb音痴、メカ超苦手のぼくができたのですから、これをお読みの普通の方ならひょいひょいと通過できると思います。

さて、記事です。グーグルアドセンス審査申請までに書いたのは以下の10記事です

①感動・塔ノ岳大倉尾根で嬉し泣き。キツイ急登バカ尾根が大好きな理由

文字数 5648文字 カテゴリー 「山」

②宮沢賢治『双子の星』あらすじ&感想 ことばの玉手箱です

文字数 3547文字 カテゴリー 「ポエム」

③これがthe紅葉 ビューティフルリッジ大倉尾根令和元年貴重画像

文字数 834文字 カテゴリー 「山」

➃伊集院静『ぼくのボールが君に届けば』でママの涙にもらい泣きほろり

文字数 1907文字 カテゴリー 「小説」

➄緊急開腹手術イレウス入院日記・・幽体離脱・・さようなら

文字数 1696文字 カテゴリー 「ヘルス」(健康)

➅初体験完全断食断水・4日目に「天丼すき焼き寿司」を頬張る夢を見た

文字数 1498文字 カテゴリー 「ヘルス」

⑦おならが鳴らないと再手術も! おならは生きている証拠です!

文字数 2291文字 カテゴリー 「ヘルス」

⑧おマエの命を救うために何人の方々が力を尽くしてくれたか・・涙

文字数 2359文字 カテゴリー 「ヘルス」

⑨立松和平『人生のご飯です』は歴史的ボクシングデータ満載!

文字数 2539文字 カテゴリー 「スポーツ」

➉横山秀夫『第三の時効』は意外にも・一途な愛・が泣かせどころか?

文字数 3056文字 カテゴリー 「小説」

ーーーーーーーーーー

1記事当たりの文字数は平均で2400文字程度になっていますね。文字数はあまり意識せずに興味のおもむくままに書きました。

諦めなかったおかげで「わ♪ 一発合格♪ グーグル審査♪」

読書感想が4つ,山が2つ ヘルス(健康)が4つ。グーグルアドセンス審査には避けておいたほうがよいとされる「健康問題」や「殺人事件」小説が主ですから・・・やっぱりダメかなと思わないでもなかったのです。

さらに、このような(このブログ)雑記型日記系ブログはgoogleが嫌うので審査に通りにくいという解説ブログもあります。

ところが、無事に合格です。それも12時間後に「おめでとう」メールが来ました。世間的にはダメ初心者まるだしのブログがなぜ早々と合格したのかはぼくにはわかりません。ただし、ちょっと自慢させていただくと・・・10記事ともぼく自身の体験談・・・つまり絶対にぼくでしか書けない記事になっていると断言できます。それが合格の原因なのか、どうかは???ですが。

さてさてこれからが本番なのですが・・・。

日記系雑記ブログが、人のお役に立たなくても、自己満足という自己肯定というプラスにはなると思います。プラスの考え方がもたらす偉大な力に期待してもいいいのではないでしょうか。プラスとプラスのステップが増えれば、意義も出てくるのです、きっと。

まとめ 超初心者のアドセンス審査。これが秘策!?

でも、開き直ってふんぞり返っていては進歩がない・・・とは思います。進歩がないということは退歩の始まりでもありますからね。

アドセンス審査に限って言えるのは、

①人の何百倍かかっても諦めない
②好きなことを好きなだけ書く(自己満足でも良い)
③評論ではなく体感レポを書く(補足・評論が大好きなら評論で書く?)
➃ダメモトと開き直り申請する

これがダメ初心者のぼく流の秘策でもない秘策!?

以上です。しかし・・・

アドセンス審査合格は、合格という入学許可、入門許可だけです。おそらく十日間もたてばそこでハタと気づきます。好きなことを好きなように書いていてもアドセンス収入にはならない。アクセスが集まらないのです。あちゃあああ??!! どうしよう??

気づいたのは偉い!? そこからがホントの勝負です。分かれ道です。

収入はなくても良い。
収入の道をめざす。

二択しかないのか。三択めがあるのか。さあ、どうするか・・・・。

ぼくと同様レベルの超初心者の方々に、少しでも参考になればうれしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする