坂本スミ子とは何者?死因や経歴【画像】現在どうしていたか気になる?

写真:坂本スミ子。

歌手で女優だった坂本スミ子さんが亡くなりました。84歳です。1936年、昭和11年生まれです。昭和の巨星がまた一人旅立ちました。経歴など振り返ってみます。

歌手としては「夢であいましょう」♪「夜が明けて」などが大ヒット。NHK紅白に五回連続出場。

女優としては深沢七郎原作・映画「楢山節考」(今村昌平監督・第36回カンヌ国際映画祭でグランプリ受賞)で主演女優賞を得られています。

坂本スミ子最期は熊本の病院。死因は脳梗塞。

Yahooニュース(熊本日日新聞)によると、

「夜が明けて」などのヒット曲や映画「楢山節考」で知られる歌手で女優の坂本スミ子(さかもと・すみこ、本名・石井寿美子=いしい・すみこ)さんが23日午前、脳梗塞のため熊本市内の病院で死去した。84歳。大阪市出身。

記事はこれだけでした。

え? 坂本スミ子って?何者?

若い人には坂本スミ子って誰? という時代なのです。

ラテン歌手坂本スミ子はNHK紅白に5回連続出場!

ラテン歌手としてデビューしています。

1959年12月にアイ・ジョージと共にトリオ・ロス・パンチョス日本公演の前座歌手となり、「ラテンの女王」として一躍名が知れて人気歌手となる(Wikipedia参照)。

NHK紅白に1961年から1965年まで5回連続出場しています。

NHK紅白歌合戦出場歴
年度/放送回 曲目
1961年(昭和36年)/第12回 ア・ロ・ロコ
1962年(昭和37年)/第13回 エル・クンバンチェロ

(注:↑この動画は坂本スミ子60歳の時です)

1963年(昭和38年)/第14回 テ・キエロ・ディヒステ
1964年(昭和39年)/第15回 マラゲーニャ
1965年(昭和40年)/第16回 グラナダ

歌謡曲のヒット連続は1971年以降です。ラテンではなく日本の歌です。

1971年「夜が開けて」大ヒット 坂本スミ子 35歳

夜が明けて・・

彼はいなくなっていた・・

坂本スミ子女優歴は1964年(28歳)から。

女優では1964年から1967年に大映で田宮二郎主演の犬シリーズに助演し、今村昌平監督作品にたびたび招かれた。1966年の今村作品『”エロ事師たち”より 人類学入門』で毎日映画コンクール助演女優賞を受ける(Wikipedia参照)。

ミュージカル『キャバレー』で1982年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞。

1983年には映画「楢山節考」(今村昌平監督・第36回カンヌ国際映画祭でグランプリ受賞)で主演女優賞を得られています。

坂本スミ子 1983年にカンヌ映画祭で主演女優賞 47歳。

老婆の役を演じるために前歯を4本削り、歯のない役作りをした・・・壮烈な役作りで実年齢プラス40歳を演じた。緒形拳と共演。

愛娘、歌手石井聖子が語る母、坂本スミ子。

日刊ゲンダイ(2018/07/04)記事を引用します。

歌手の石井聖子さんは、歌手で女優の坂本スミ子さん(81歳)と皮膚科医だった故・石井禮次郎さんとの間に生まれた一人娘。女子大生の時に「週刊朝日」の女子大生シリーズのオーディションに合格し、表紙モデルとなったことがきっかけでデビューした。現在は化粧品ブランド「フィンギー」の代表でもある。

母は大阪育ちですからおふくろの味といえばお好み焼きかな。ウチにはホットプレートがあってお好み焼きを仕事のお仲間に振る舞う姿が印象的でした。母は案外ヘルシー志向で、お好み焼きにはキャベツをたくさん入れていましたね。粉の中に卵を入れ、野菜をたっぷり、紅しょうがを加えてかき混ぜ、ホットプレートにのせてから薄いお肉をのせて。みんなでワイワイと、豚バラ肉を裏返ししてカリカリになるまで焼く。いつも母が指揮をとってホント、賑やか。母の静かなところはあまり見たことがありません!(笑い)」


愛娘石井聖子 坂本スミ子82歳

まとめ

元気でにぎやかで、静かな母をあまり見たこと、ありません。・・・↑

大歌手で大女優だった坂本スミ子さんが虹の橋を渡られます。

ご冥福をお祈り申し上げます。

『夢であいましょう』歌坂本スミ子

『夢であいましょう』歌・坂本スミ子 NHKのバラエティ番組(1961年4月8日から1966年4月2日まで毎週土曜日生放送されていた)。

素晴らしい歌を、夢を、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする